13枚目にして初のバラードシングルが完成。渡邊忍(ASPARAGUS)作詞、作曲、プロデュース。

木村カエラ Single 「どこ」 

小売価格: ¥1,080(税込)
価格: ¥864 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

木村カエラ CDシングル 「どこ」

このタイミングでバラードを歌いたいと考えていたカエラ。今まで出していなかっただけに、いかに自分らしいバラードが制作できるかに挑戦した。いつも自分の言葉で歌うカエラが、渡邊忍の書いた歌詞に共感し、あえてそのまま歌うことを決めた。渡邊忍に対するカエラの信頼感は、バンドメンバーとして、またコンポーザー(「TREE CLIMBERS」「Yellow」)として絶大である。

カエラらしいバラードとは何か。
「どこ」には繊細なメロディも美しいストリングスも壮大な大サビも全て備わっている。唯一、普通のバラードと違うのは展開力だ。Aメロとサビと間奏が絡み合い、最後に印象的な大サビで歌い上げる構成は他にはない出来で、正に「カエラらしいバラード」となった。

C/Wには、ポッカ「キレートレモン」CM第2弾で使用され話題となっていた「Phone」が収録される。こちらも、渡邊忍プロデュース。アコースティックギターのカッティングが気持ちのよい疾走感を生み、現代の携帯電話依存がテーマとなったナンバー。とはいえ、カエラ出演でヨガをやっているCMとの相性も抜群だった。

前作「マスタッシュ/memories(original version)初回盤特典の、きせかえツール「着せカエラ」が大好評につき、今作でもデジタル特典第2弾として初回盤にはFLASHゲームを無料ダウンロード出来るカードが封入されている。内容はダウンロードしてからのお楽しみ。

【CD収録内容】
1.「どこ」
2.「Phone」
3.「どこ」 (Instrumental)
4.「Phone」 (Instrumental)

【発売日】:2009.1.28
【品 番】:COCA-16200
【発売元】:コロムビアミュージックエンタテインメント

関連商品

ページトップへ